<< Tリンパ球が生活習慣病の原因 | main | 10円賭けて少年10人有罪 インドネシア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
札幌市時計台、「機械遺産」に

札幌市時計台、「機械遺産」に 128歳、今も現役

 日本機械学会は国内に現存し、歴史的に意義のある「機械遺産」として、北海道の観光名所になっている札幌市時計台の時計装置など6件を新たに選んだ。8月7日の「機械の日」に東京都江東区の芝浦工業大豊洲キャンパスで認定式を行う。 >>続きを読む

 札幌市時計台は明治期の1878年に札幌農学校の「演武場」として建設された。当初は小さな鐘楼(しょうろう)がついていたが、1881年に改修されて時計が設置された。同学会は「設置当初の機構が現在も稼働しているという点で、時計塔の機構部としては国内現存最古といえる」と評価したという。

| 文化 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hitendrunwon.jugem.jp/trackback/137
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
訪問者数
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE